女性だけのデリケート問題!【知ってなきゃ損する情報まとめ】

 

卵子の数は、閉経まで少しずつ減少していくわけではありません。
「妊娠にはタイムリミットがあるのから急いで」
とみなさんを焦らすのも、年齢が上がるにつれて卵子が減るスピードに拍車がかかってくるからです。

 

生理が始まってからしばらくしますと、卵子たちは妊娠の準備に入っていきます。それまで未成熟な卵子を入れた袋である「原子卵胞」は卵巣のベッドですやすや寝ていました。
初経から数年して排卵が起きるようになりますと、約40万個の原子卵胞の中から、今回はあなたの出番っすよ!、と一日に30個、1周期に約1000個が眠りから目覚められ、成熟した卵胞になるべく細胞分裂を始めます。
これは長い間、冷蔵庫に入れてあった食材を解凍するために冷蔵庫に移すようなイメージになります。

 

原子卵胞が目覚めてから排卵にいたるまでの期間は、200〜500日、だいたい1年といわれ、はっきりわかってはいません。
ただ卵胞が体内環境の影響を強く受けるのは排卵の3カ月前からであることがわかっています。
この時期に二次卵胞に発育して、その女性の脳下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモンの影響を受けるようになって、約3カ月かけて排卵に向けて発育していくのです。

 

問題なのはここからになります。若いうちは1周期に約1000個のペースで眠りから目覚めていた卵子ですが、年齢を重ねていくにつれてだんだん数を調節するコントロールがきかなくなって、卵巣のストックから一気に減少していくようになります。
ターニングポイントは平均しますと、37,5歳になります。
この時期を過ぎますと卵子減少のスピードは急激に加速してやがては、残りが1000個以下になりますと閉経を迎えます。
女の赤ちゃんが生まれたとき、卵巣の中には、100個〜200個もの卵子の元があります。
これをたっぷり水をたたえたプールにたとえて考えてみましょう。
若いころは、卵子プールについた蛇口をひねって、限りある水を大切に使おうと、適度な量に調節している状態になります。
でも加齢によってその調節機能が衰えてしまいますと、水が大量に流れ出てしまいます。

 

卵子を目覚めさせるプロセスはリクルートメントと呼ばれて、いくつものホルモンの働きによっておこなわれています。
まだ詳しいことはわかってはいませんが、そのリクルートメントを抑制する蛇口の働きとして重要なのがAMH(抗ミューラー管ホルモン)とインヒビンというホルモンになります。
年齢が若い卵巣からは、これらが十分に分泌されて原子卵胞を目覚めさせすぎないように抑制しています。
ところが、加齢によって排卵を抑制していたこのふたつのホルモンの分泌が減ってしまうことで卵子の減少が加速してしまうのです。

 

デリケートゾーン黒ずみクリーム